So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

5年を前に.

 うさぎの後ろ姿が見える季節になってまいりました。

 皆さま、いかがお過ごしでしょうか・・・。

 
 「文学界」及び「現代詩手帖」の論考で指摘をした内容は、詩の読者をはじめとして、確実に浸透している・・・との、ご連絡をいただいています。
 本当に、嬉しいことです。

 一方で、問題のありかに気付かない人の言動には、今でも驚きます。
 ただ、呆れるだけでは彼らの読みも育たない・・・、とは思っています。

 行為自体は現在も、くっきりしたかたちで継続しています。
 3~4冊ぶりに手にした小説では、片岡の詩や小説だけではなく、プロフィールが使われていました。

「オートバイ」や「イニシャル」の部分は、行為を象徴しています。

 私が幸せなのは、読んだ上での理解者が存在している、ということだと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。