So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

複製モデル。

池袋西武・ぽえむぱろうるの、<メーテル=森>さん(最初に会ったときに勝手に命名・・・)が、
昨日、ご退職・・とのことで、夜の演劇へ行く前に、お顔を拝見しにゆきました。

ちょうど、10年ご在職、ということで感慨深い。
私も最初の詩集から、10年が過ぎたばかりなので、スタートからすっかりお世話になったのだということがわかりました。

淋しくなるのでお店にフィギュア、飾っておいてほしいくらいです。
深夜のドライブ、またしましょう〜。

ファンタジスタ〜?

昨日は、毎月のFMNack5番組審議会の暑気払いでした。

本社が大宮になってから、ワゴン車で通えず、少し暗かった私は、
昨日の会場が浦和だということを確かめずに、荷物も多かったのですが、
武蔵野線のホームに・・・。
そこで気付き、他の皆さんより早く到着したので、よかったのですが。

委員長と私は、もう10年も出席しています。
昨夜は「NACK ON TOWN」という、月〜木の午後の看板番組のパーソナリティの、
土屋滋生さんと澤美代子さんが、揃っていらっしゃった豪華な夜。

澤さんの美しさと聡明さ、普通に話す時でも、非常にテンポのよい「つっこみ」(本当はもっと的確な言葉があるはず・・・、相槌でもなく、指摘でもなく、・・・ううっ)が心地よく、また、
土屋さんは、声も人も、もうなんと言うか、どうしようもなく魅力的な方だと思いました。

それで皆さんと駅まで歩いて帰ったので、車で来なかった事も、このためだったのかな?
と思えてよかったです。

説得力のある人と出会えた日は幸せだ。

中井久夫さん・・。

今日届いた「現代詩手帖」8月号のコラムは、松尾スズキの「キレイ」です。
中井久夫さんが、エッセイ集の書評をしてくださっています。
16枚も書いてくださったとのことで、もう、家宝です。

6〜7月に再会できた、懐かしい友達の皆さん、中井久夫さんのエッセイ、とても素敵なので、図書館で探してみてくださいね。

私は、水以上にからだにしっくりくる水(?)のように、中井さんを読んでいます。

生徒さん・・・。

実家で本の検索をしていたら、山形の中学校の時の生徒さんのHPにたどり着いた。
みっきーさんって、本当の名前なのかな? それともまるきり違う名前なのかしら?

懐かし過ぎる。その学校で、あまりに楽しかった29歳の私は、(このままでは笑っているだけで定年を迎えてしまう・・・)と思い、本を出そうと決意。40歳になっても本が出なかったら復職しようと心に決めて、退職した。

ついでに、アマゾンの「産後に関する書籍ランキング」で、『産後思春期症候群』が第8位というのを発見。
10年前の第一詩集なので、何度も驚く。

避難所にて・・。

夏休みが始まりました。

季刊「詩歌句」(第6号)の「詩書めぐり」という素敵な名前のコーナーに、淵上熊太郎さんが、エッセイ集のことを書いてくださいました。文章がすっきりしていて、こちらまでシャキッとしました。

村野美優さんや野村喜和夫さんの詩集と一緒に取り上げられています。

経過・・・。

6月27日発売の「現代詩手帖」、コラムは井手茂太の「井手孤独」について。

7月9日には、坂田明さんの本の紹介の番組の「おひさまのかぞえかた」の収録。
中也祭以来の坂田さん、そして美しくもったいないピアニスト三船優子さんとお話。
8月の日曜日、10時、22時と、月曜10時に放送するそうです(CS日本141チャンネル)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。