So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山形新聞。

懐かしい山形の新聞、6月26日(日曜日)の読書欄に、詩人の伊藤啓子さんが、エッセイ集の書評を書いてくださった。

私が最後に勤務した中学校のお近くに住んでいらしたこともあったのに、山形にいた頃は私が詩を書いていなかったので、お会いできなかった。

バレーボールの選手風に伊藤さんの印象を書くと、「クール&ビューティー」となる。

前橋もそうだけれど、東京から少し離れた土地には、その場所の詩の集まりがあり、きらっと光る女性がいる。そんな印象を持っている。

川越〜。

四日間同じ街に通う。

番組審議会に行くために通過、喫茶店で詩の講座、息子の家庭教育学級、女子高の同窓会。

通いなれると、必要なもののある場所が、わかるようになる。

ほんだらけ・川越店に入って、川越という街の文化を感じた。
ブックオフは普通だったけれど、濃い人は、ほんだらけに預けるのだろうか。

中央図書館も充実していた。
選定モニターになった図書館を充実させたいな・・・と思う。

発散・・・。

エッセイ集や小説がまとまり、少しほっとしていました。

中学時代の部活動の友達を仕事部屋に招いたり、女子高の同窓会が予定されていたり。

今まで黙々と、仕事してきたのだから、発散期みたいなもの・・・? それなら遊ぼう・・・と思っていたら、次の仕事の編集者さんから、「まだですか〜?」という�。

発散期は、老後でよいのかも。
あまりふやけてはいけません。

それとは別に、今、とても地味で古典的な仕事に燃えています。
まだかたちにならないので、ちゃんと書けないのですが、
多分世間では、おじいさんやおばあさんがやることだと思っていることなのに、
私にはとても適しています。

先週の土曜日の午後、若い詩人の友達の新居で、おしゃべりをして過ごしました。
美しい部屋と素敵なお料理は、目の保養・・・。

私も少しずつ、自宅を片付けて、彼女を見習いたいと思っています。

新聞。

お早うございます。

ずっと取りかかっていた長い原稿が終わって、少し落ち着いた感じです。

5月25日には、毎日新聞の文芸時評に川村湊さんが小説のことを取り上げてくださり、とても嬉しかったです。

29日には、読売新聞の読書欄の「著者来店」に、自室での写真とインタビューが載りました。

本を出した後の、お便りのやりとりが嬉しい今日この頃です。

30日には、高校の部活動の母ランチに参加。
皆、文武両道のかっこいい息子たちの話が止まらない感じでした。

私はお母さんたち本人に興味があるので、今度の機会には、そういう話をしたいと思っています。

ずっと雨ならいいと思っている私でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。