So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「文學界」11月号。

文藝春秋の「文學界」11月号に、「インスピレーションの範囲」を書きました。

書店では、雑誌→文芸誌、のコーナーにあるので、手にとって見てくださいね。


「Asahi.com」群馬で、昨日の授業の記事を見ました。

記事の、詩のタイトルに関する言葉が、提示した紙に書いたものと、少し違っていて、このままいくとタイトルと最終行が皆同じになってしまうので、ご覧になった先生方にお伝えする意味で、この場で訂正させていただきます・・・。

「タイトルは 詩の 最後の一行」が正しいのでした。

詩を読み終えると、読者は、必ずタイトルに戻ってきます・・・。

それと同じに、詩を書き終えたら必ず、最後にもう一度、タイトルを考え直してみましょうね・・・、ということです。

ともあれ、あの授業を楽しめる児童の皆さん、というのは、相当、詩的にハイレベルです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

桃井小webmaster

昨日はお世話になりました。授業の様子を本校のウェブページにupしました。先生のお名前とお写真も載せさせていただきましたが、よろしいですか?また、記事もおかしなところがあったら、ご連絡ください。よろしくおねがいします。
by 桃井小webmaster (2005-10-07 20:26) 

otonasii

お早うございます。早速ウェブページを拝見いたしました。あの、楽しかった時間が再現されたようで、しみじみと、感激いたしました。



何より素晴らしいのは、生徒さんひとりひとりが、「自分の詩」を、探そうとしていることだと思います。



私がお話したことを、「わかった」と言って下さった生徒さんのお話を先生方からうかがいましたが、まさに、詩は、習わされる、あるいは、こう書けと指示されるものではなく、自ら「わかる」ものだと思っているので・・・。



出逢った生徒さんたちから受けた衝撃が強くて、まだ、心臓が落ち着かない感じです。これは大げさではありません〜。



詩を専門でやっているはずの自分も、アップアップしてしまいそうでした。現場の先生方は、これだけ力をつけている生徒さんたちと、格闘(?)してゆくのは、本当に大変なことだと思っております。



感激の一言に尽きます。



また、お会いする日を楽しみにいたしております。
by otonasii (2005-10-08 07:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。